コーヒーは痩せる効能があるとダイエットになると話題になっていますが、本当に太ることは無いのでしょうか?

また、コーヒーをダイエットとして成功させるやり方は?

 

ということで今回は、コーヒーダイエットについて、

  • コーヒーダイエットの効能は?
  • コーヒーダイエットを成功させるやり方は?
  • ダイエットにおすすめのコーヒー3選!

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。



コーヒーダイエット太る?痩せる効能と成功するやり方!オススメコーヒー3選!

コーヒーダイエットの効能は?

カフェインで脂肪燃焼

コーヒーに含まれているカフェインは脂肪を燃焼してくれる効能があります。

 

カフェインは「リパーゼ」という消化酵素の働きを活性化し、このリパーゼが脂肪を「脂肪酸」と「グリセリン」の2つに分解。
分解されたものが血液流れて燃焼してくれます。

 

しかも、このカフェインによる脂肪燃焼は食事で摂取したことで起きる脂肪、今まである脂肪の両方の脂肪の燃焼に役立ってくれます。

ポリフェノールで脂肪燃焼

コーヒーに含まれているポリフェノールの一種「クロロゲン酸」はも、脂肪を燃焼してくれる効果があります。

 

このクロロゲン酸も脂肪の分解を促進し、脂肪が体に溜まることを防いでくれます。

 

そのため、「カフェイン」だけでなく、この「クロロゲン酸」も脂肪燃焼にしてくれたりと、コーヒーには2つの成分が脂肪燃焼してくれるのです。

血行を良くして代謝を上げて痩せやすい体に

コーヒーに含まれているカフェインは血行を良くする効能あり、体温を上げて代謝をよくして痩せやすい体になります。

 

コーヒーに含まれているカフェインは血行が良くなる効能があり、血行を良くなると体温が上がります。

 

そして、体温が上がると自動的に代謝して脂肪を燃焼してくれる基礎代謝が高まり、痩せやすい体を作ることが出来ます。

 

ちなみに、血行がよくなると、血液不良が原因で発生する肩こりや冷え性等の改善にも繋がります。

むくみ解消

コーヒーに含まれているカフェインは利尿作用があり、老廃物一緒に排出することでむくみが解消されます。

 

むくみは、体の中に不必要な老廃物や水分が溜まってしまうことで発生します。

 

そのため、カフェインによる利尿作用を活かし、利尿作用でむくみの原因となる不必要な老廃物や水分を排出してくれます。

リラックス効能で代謝を上げて痩せやすい体に

コーヒーはリラックスする効能があり、リラックスすることで代謝を上げて痩せやすい体になります。

 

コーヒーには飲むだけでなく香りも含めてリラックス効能があり、自律神経の交感神経に働くようです。

 

そして、交感神経は食欲を抑制し、脂肪を代謝を高める効果があります。

 

このように、コーヒーはリラックスして、交感神経は食欲を抑制し、脂肪を代謝を高める効能も得ることが出来ます。



コーヒーダイエットのやり方は?

ドリップコーヒーを飲む

インスタントコーヒーでも良いですが、ドリップコーヒーのほうが脂肪を燃焼してくれるカフェインとクロロゲン酸の量が多いのでオススメです。

 

また、缶コーヒーだったりは、糖分が多くてカロリーが高いので気をつけてください。

ホットコーヒーで燃焼を高める

アイスよりもホットコーヒーのほうが、脂肪燃焼が高まり、ベストな温度は80度です。

 

ホットコーヒーのほうが、脂肪燃焼をしてくれるカフェインとクロロゲン酸の効能が高まります。

 

さらに温かいものを飲むことで、体温を高めて内蔵を活発にし、代謝が上がり、痩せやすい体になります。

ブラックコーヒーを飲む

砂糖が入っていると単純にカロリーが増えて太るので、ブラックコーヒーを飲んでください。

 

実際にスプーン一杯分の砂糖とミルクを入れた場合に大体16kcalほど追加でカロリーが増えてしまいます。

 

ただ、どうしてもブラックコーヒーが苦くて飲めない場合は、少量の砂糖と牛乳を入れてください。

浅煎りのコーヒー豆で脂肪燃焼の効能を高める

深煎りよりも、浅煎りのコーヒー豆のほうが脂肪燃焼効能の「クロロゲン酸」の効果が発揮します。

 

クロロゲン酸は熱に弱いので、深煎りのコーヒー豆よりも浅煎りのコーヒー豆のほうが、クロロゲン酸の効果を発揮します。

 

そのため、脂肪を燃焼してくれるクロロゲン酸の効能を発揮するため、できれば浅煎りのコーヒー豆を選択してください。

コーヒーを飲むタイミングは

食後にコーヒー

食後にコーヒーを飲むことで食事によって体に入ってくる脂肪を燃焼し、脂肪を溜めようとするインスリンの分泌を抑えてくれます。

 

コーヒーに含まれているカフェインとクロロゲン酸は脂肪を燃焼してくれるので、食事で入った脂肪を燃焼してくれます。

 

さらに食後の血糖値の上昇を抑えて、脂肪を溜めようとするインスリンが過剰に分泌するのを抑制して、脂肪を溜め込むことを抑制してくれます。

運動前にコーヒー

運動する30分ほど前にコーヒーを飲むことで、運動して脂肪を燃焼する効能を高めてくれます。

 

コーヒーにはカフェイン等が脂肪燃焼する成分があるので、運動で脂肪を燃焼する効果追加して燃焼してくれます。

 

ただ、カフェインの効果は3~4時間くらいなので、カフェインのう効果がある間に運動を行う方がより効果を高めることができます。

入浴前にコーヒー

入浴する30分ほど前にコーヒーを飲むことで、入浴で体温を高めて脂肪を燃焼する効能を高めてくれます

 

入浴すると体温を高め、代謝が上がり、痩せやすい状態に入ります。

 

そのため、コーヒーを飲んで代謝を上げる効果に、入浴して代謝が上がる効果を上乗せして痩せやすい効果が得られます。

ダイエットにおすすめのコーヒー3選!

カフェテイン

「カフェテイン」はカフェインで代謝アップだけでなく、プロテインで筋力維持をするので、基礎代謝と筋力による2つの脂肪燃焼をしてくれます。


(画像引用元:https://ec-force.s3.amazonaws.com

この「カフェテイン」は運動して筋肉を増やし、筋肉でも脂肪燃焼をする方にオススメのコーヒーです。

 

普通のコーヒーの場合はカフェテイン等の効能で基礎代謝をアップさせて、脂肪を燃焼してくれます。

 

しかし、「カフェテイン」はカフェイン等の基礎代謝をアップさせるだけでなく、筋力維持の効能もあり、筋力による脂肪を燃焼の効果もアップさせるのです。

 

だから、運動している方は、基礎代謝アップさせるだけでなく、脂肪燃焼をしてくる筋肉を維持してくれるのでオススメです。

 

カフェテイン

デイリーコーヒー

「デイリーコーヒー」は健康維持・美容を意識したオーガニックコーヒーです。

コーヒー ダイエット
(引用元:http://dailycoffee.jp/

この「デイリーコーヒー」は脂肪燃焼だけでなく、健康維持や美容のため、スッキリした朝を迎えるためのオススメのコーヒーです。

 

デイリーコーヒーには水溶性の食物繊維で血糖値を急激に上げずに、脂肪を溜めにくくします。

 

さらに、体を動かすエネルギー源となる「アミノ酸」、老化を抑える「αリポ酸」、血糖値を上げない「オリゴ糖」等と様々な栄養素があります。

 

そのため、「デイリーコーヒー」は脂肪燃焼を高めるだけでなく、栄養を保持、美容にも気にかけるオススメのコーヒーです。

 

有機認証取得豆使用!健康維持・美容を考えたコーヒー「デイリーコーヒー」

カフェサプリ 食物せんい

「カフェサプリ 食物せんい」は食物繊維を補って腸内環境を良くし、美容やダイエットに効果的なドリップコーヒーです。

コーヒー ダイエット
(画像引用元:https://www.brooks.co.jp

この「カフェサプリ 食物せんい」は食物繊維が補えるので、腸内環境を良くして脂質の排出よくしたりと、ダイエット向けのコーヒーです。

 

「カフェサプリ 食物せんい」にはレタスなら1個分、バナナなら3本分、トマトなら2個分相当の食物繊維がコーヒー1杯で摂取できます。

 

そして、食物繊維は腸内環境を整え、腸管が刺激され排便がよくなります。

 

そのため、、腸内環境を良くして脂質の排出よくしたりと、ダイエット向けのコーヒーです。

 

1杯のコーヒーに食物繊維が4g♪【カフェサプリ 食物せんい】

コーヒーダイエット太るは嘘!痩せる効能と成功するやり方でオススメを飲む!

コーヒーは脂肪燃焼してくれるカフェテインやクロロゲン酸等と、痩せるのに効果的な成分が多いです。

 

そのため、脂肪燃焼するためにホットで、運動前や入浴前、食後に飲んで脂肪燃焼に役立ててください。

 

そして、さらにダイエットや健康に役立てる場合は、ダイエット向けのコーヒーを飲むのもオススメです。

 

みなさんも、コーヒーで効果的に痩せるために、ブラックコーヒーを飲んでみませんか?

 

1杯のコーヒーに食物繊維が4g♪【カフェサプリ 食物せんい】

有機認証取得豆使用!健康維持・美容を考えたコーヒー「デイリーコーヒー」

ダイエットサポートコーヒー「カフェテイン」